キッチン扉・・・・・パレット梱包の方法

こんにちは。

検品・梱包・出荷担当のフォルスです

キッチン扉を梱包して早10年、梱包方法も納入先やお客様によって小口梱包、パレット積み梱包、1枚毎梱包と、梱包方法が違ってきますが、今日はパレット積み梱包のやり方を紹介しようと思います。

最終検査に合格した扉は、重ねても傷がつかないように間にミラーマット(緩衝包装材)を敷いてパレットに積んでいきます。積んでいくときの注意点は、扉がパレットから飛び出さないようにすることです。

扉が全て揃ったらラップを巻いて動かないように固定します。この時にラップをしっかり巻かないと輸送中に扉が動いて傷がついてしまうかもしれません。

次に、段ボールで角あてをしていき、バンドで縛ります。

最後にもう一度ラップを巻いて完成です。簡単な作業ですが、綺麗な扉が輸送中に傷つかないようにいつも細心の注意を払って作業しています。

これからも良い製品をお届けできるように頑張ります!

カテゴリー: お知らせ・つぶやき, 新着情報   パーマリンク