セメント調塗装

 

 

MDFに「セメント調塗装」を施しました。「モルタル調塗装」と呼ばれることもあります。

用途はもちろんキッチン・家具の扉で、ヨーロッパではよくみられる表現方法です。

本物のセメントを塗ってしまうと当然扉が重たくなり金具やキャビネットへの負担が増えます。水や汚れが染み込んだりクラックが入ったりするリスクだってあります。そこで「セメント調」の塗装を選択するわけですが、福山キッチンのセメント調塗装扉は「特殊な左官材」ではなくウレタン塗装品なので多くの実績があり、性能面でも安心です。

17103419_1536894459684775_1299094745307390568_n 17021710_1536894463018108_3801893692370012639_n

 

また、「J型取っ手」や「逆テーパー手がけ」にも対応出来るので、表現の幅がさらに広がります。

キッチンの「使い勝手」はもちろん大切ですが、同じ使い勝手ならカッコいい方が良いに決まっていますよね。

福山キッチンの扉(フロント材)を利用すれば、価格で勝負せずにライバルと差別化できるのです。

カテゴリー: こんな製品できました, スタッフブログ, 新着情報   パーマリンク