センターハウスが新部署からお届けします

12月になり、もうすぐ今年もおわりますね~。1年は本当に早いです。

毎日寒いので風邪など引かないようにしましょうね。

さて、前回までは梱包でのことをあれこれ書いていましたが、「目止め」の部署へ異動しましたので、今回からは目止めの事を紹介していきます。

「目止め」とはなにか・・・ですが、

木材の導管に目止め剤を充填することにより、過剰な塗料の吸い込みを押さえ、また吸い込みムラや着色ムラを軽減させることが一番の目的です。

他にも、次の中塗り工程で「ピンホール」という不具合が発生することを防止する役目も担っています。

導管を埋めないオープンポア仕上げの場合は問題にならない事が殆どですが、導管を埋めるクローズポア仕上げや、ハイグロス(鏡面)仕上げにとってピンホールは致命的な不具合になります。

工程説明 

一見地味な工程ですが、実は製品の仕上がりを大きく左右する大切な工程なのです。

安定した製品作りを実現する為、日々努力していますが、覚えることが多い~(泣)

カテゴリー: お知らせ・つぶやき, 新着情報   パーマリンク