ゼブラウッドの木目合わせ

キッチン扉の表現方法のひとつですが、セット組みされた時に上下左右の木目が繋がるように加工する「木目合わせ」という手法があります。

数枚程度の木目合わせであれば割と苦労なく製作できるのですが、システムキッチン1セット全ての木目を繋げる場合には、入念な事前打ち合わせのうえ材料を用意しますので簡単にはいきません。

その中でもこのゼブラウッドの木目合わせ扉は少し大変でした。ゼブラウッドの木目合わせ

カット担当者は神経が磨り減る思いでカットしたようです。なんといってもこのセットの為に特別に用意したゼブラウッドですからね。万が一にもカットミスをしてしまうと全部台無しです。

木目合わせの原板をカットする際は図面を見て計算し、慎重にカットしていきます。この時にノコの刃の厚みを考慮しないと・・・・残念な結果になってしまいます。

ゼブラウッド立体木目合わせさらに今回の木目合わせは立体構造になっているんです!カット担当者泣かせですね。作業中「いろんな汗が出た」らしいですよ。

手間は確かにかかってしまいますが、木目合わせをしてあるとやっぱりかっこいいですね!

以上、第一回目はHP担当、唐川がお送り致しました

カテゴリー: こんな製品できました, 新着情報   パーマリンク