パネル類の検品

皆様始めまして。福山キッチン装飾株式会社でパネル類の検品、梱包を担当していますMEGU(男)です

竹(バンブー)の幕板福山キッチンで製作している「パネル類」とは、カウンターキッチンのエンド部分やシステムキッチンに隣接するキャビネットの側面、アイランドキッチンの両サイド、背面などのいわゆる「側板」のことです。もっと広い範囲で分類すると、カウンターや食器洗浄器の前面部分、システム冷蔵庫の前面部分など、つまりシステムキッチンの「扉」以外の製品が私の担当という事になります。

サイズ、形状、突板の種類、製造工程、塗装方法の違いなど、実に様々な種類の商品があります。

完成したパネル類に不具合がないか最終チェックを行い、合格した物を1枚ずつ個別に梱包し出荷するのが私の仕事です。品質、納期を守るためには前工程との連携が欠かせませんね。

また、最終検品工程である為、見落としは許されないというプレッシャーが常にあります。
この緊張感は入社以来変わることがありません。今後も皆様にご満足いただける、高い完成度の商品をお送りするべく頑張りますので、よろしくお願いいたします!!

カテゴリー: お知らせ・つぶやき, 新着情報   パーマリンク