パレット

カットマン溝下です

私の作業内容はキッチン扉やパネルのカット作業ですが、今回はそれ以外のカット作業について書いてみたいと思います。

福山キッチンでは、自作パレット製品を乗せて移動するためのパレットは自前で作ります。

パレットの足用に松を仕入れ、約200本位をカットして板を4~5枚釘で打ち付けてパレットを作ります。

天板は、キッチン扉用に木取った後の端材を使用しています。通常、パレットは返ってくるものではないので、少しでも始末しないといけません!(始末ってわかりますかね?節約っていう意味です。)

他にもキッチンのサイドパネル・エンドパネル・フィラー等を梱包する際に必要な当て板や、各工程の治具用板など様々です。

通常業務が忙しいと、ついつい後回しになってしまうこのような作業ですが、大げさに言ってしまえば、これらが無いと出荷が出来ないのであまりほったらかしには出来ません。

カテゴリー: お知らせ・つぶやき, 新着情報   パーマリンク