ブナ材で抽斗(ひきだし)を作成

こんにちは、エフですエフ2

先日、画像の抽斗の中の箱?を作成しました。

福山キッチンはキッチン扉面材を主力商品としていますので、通常は箱の方はほとんど自社で加工していないのですが、今回受注を受けしっかりとした製品が出来るか不安でした。

ブナ材キッチン抽斗(引き出し)ただ、お客様よりしっかりとした加工図面を戴いていたので、加工する方としては忠実に形にして行くだけでした。
唯一、各パーツを加工後、研磨・塗装をして仕上げてからの組立になる為、後から修正が出来ず、「パーツ毎のクリアランスが塗膜の厚みによりバラつきが出ないか」とそこだけが、心配でした。

実際、各パーツの仕上げの後に組立をしてみましたが、中の仕切りの抜き差し等は、ほんとスムーズで完璧な仕上がり具合となりました。

これは、加工・生地研磨・塗装・塗膜研磨工程が一体となっての作業の賜物です。
画像では、わかりにくいですが、ほんといい感じなんです。

ブナ材キッチンひきだし加工については、まだまだ納得いかないとこもあるんで、これからまだまだ技術を向上させて更に良い物を次は作成したいなー。

期待と不安で次のチャンスを待ってるゼっ!!

カテゴリー: こんな製品できました, 新着情報   パーマリンク