プラモデルって何だか・・・

お久しぶりです。MEGU(男)です。

私には中学生の息子がいるのですが、この息子がたま~にプラモデルを作ります。

いわゆる「ガンプラ」というやつです。最近のガンプラはパーツごとに色分けがされており、接着剤も不要で、部品を切り取ってはめ込むだけでけっこう見栄えの良い物が完成します。しかし、昔ながらの「組み立てに接着剤が必要で、パーツの色も白一色」のものも未だに販売されています(旧キットというらしいです)。

で、息子が旧キットを作っているのを見ると、何だか福山キッチンで、システムキッチン扉を製作する工程とよく似ているな~と思います。

説明書を読む(図面確認)⇒パーツの切り出し(原板カット)⇒接着、組み立て(框組み扉の組み立て)⇒合わせ目消し(生地研磨、中塗り研磨)⇒塗装(息子は不で塗りですね)そして完成。

どうでしょう。何だか似ていると思いませんか?これらの作業工程をきっちりとする事で、旧キットとはいえなかなかの見栄えになります。

福山キッチンで製作するシステムキッチン扉は、各工程で厳しい検査のもとに生産されているので高い品質を実現していますよ。

息子のプラモは・・・まだまだですね~

それではまた!!

カテゴリー: お知らせ・つぶやき, 新着情報   パーマリンク