ベルプロを目指して!!

今年でバスフィッシング歴26年のウノケンです。バス釣りには少々自信があります。あくまで自称です^^

僕が糸をたらせば3秒で大物がかかります。針なんて必要ないです。しかし誰もその様子を見た人はいません・・・^^

冗談はこの辺にしておいて^^本題に入りましょう。

塗装キッチン扉の製造途中工程で「塗膜研磨」という作業が何回かありますが、この目的は「密着性の向上」「平滑性を出す為」「オープン~クローズポア仕上げの調整」などです。

基本的には「ベルトサンダー」という機械を使用して研磨することが多いですが、会社によっては“ベルトサンダーは職人の証”とまで言われることもあるようです。

http://youtu.be/5TjWACPegPg

福山キッチンでは一人の人間が、アレもコレも様々な作業を行いますので、熟練の職人からパートの女性まで、ベルトサンダーを使いこなせる人が非常に多いのですよ。

ベルトサンダーを使用するうえで重要なのは、回転しているサンドペーパーを抑えるパットをいかに外さないようにし、ペーパーの状態(まだ切れるか、切れないか)を判断しながら、押さえパット全体で均一に力を加えてやる事だと思います。

あとは“集中力”です!!これが大事!!

と、偉そうに言っていますが僕はまだまだ“アマチュア級”。なかなかバスフィッシングのようにはいきません。

だけど、この先僕がベルトサンダーを極めれば、最終的にはペーパーを使わずに3秒で研磨出来るようになると思います。

但し、誰もその様子を見ることはないのでしょう・・・^^

カテゴリー: お知らせ・つぶやき, 新着情報   パーマリンク