ラジコン大好き出荷担当、センターハウスです

皆さんこんにちは。

梱包・出荷を担当する“センターハウス”です

今回は出荷について簡単な説明と、自己紹介をさせていただきます。

今年6歳になる息子と嫁との3人家族で、今年で37歳になります。

私の趣味は、「ラジコン」で主に10分の1スケールのツーリングカーでレースなどに参戦しています。大手ラジコンメーカーのレースで優勝したこともあるんですよ♪

路面温度、湿度、ダンパーオイルの粘度、スプリングの硬さや角度などセッティングをしないといけないので、仕事と同じくらい奥の深いスポーツだと思っています。

さて、仕事の話しですが、半年前に入社してまず思ったことは社員全員がもの作りに対してまじめに取り組んでいることです。

皆が情熱を持ってキッチン扉作りをしていることに、私も刺激され充実した日々を送っています。

出荷の仕事はよその部署のように特殊な木工機械を使うわけではありませんが、とにかく目を使います!!

この部署は製品の最終検査・検品も兼ねており、すなわち最後の砦になるわけです。

上司から言われたこの「最後の砦」という言葉を念頭に置き、日々作業にあたっています。

多い時は1日に数百という製品をお客様毎に仕分け、梱包しパレットに積んだりダンボールの箱に詰めたりするので、間違えないように集中力がかなり必要になりますが、集中力を切らさず仕事が出来るのは、チームのサポートがあるからだと思っています。そしてなにより今頑張れているのは、時には厳しく、そして優しく教えてくれる上司の存在ありきだと思っています!!

私の仕事を見ていないようでしっかり見ていてくれて、仕事の終わりの時に「反省点」と「今後の目標」がもらえるのですが、この目標を達成するためには、自分ひとりでは中々難しいところがありますので、まわりの先輩方にキッチン扉に対する知識を教えてもらいながら頑張っていきます!!

カテゴリー: お知らせ・つぶやき, 新着情報   パーマリンク