付加価値

こんにちは、エナメル塗装担当のfujikoです
効率化が進む現代では、工場の生産ラインが機械化されてきて自動車や食品など様々な分野で機械が活躍しています。しかし、まだまだ職人の腕が重要な場面も多いのです。ちょっとしたアクセントの差や、質感などといった「感性」の領域になってくると、機械ではなかなか再現の出来ない部分も多々あります
職人の培ってきた技や経験などを生かして、自分たちが納得のできる扉を作り、そしてお客様に満足していただける様日々仕事に打ち込んでいます。
エナメル框組みアンティーク塗装シンプルなデザインの扉から、複雑な形の取っ手加工がされた扉など、様々な扉と向き合っています。
その扉たちには、それぞれ個性があり、それぞれ加工に苦労する場面もあります。苦労した分だけ愛着が湧き、今後数十年という長い歳月をお客様のもとで、お客様と一緒に生活の一員としてすごしていくんだなと思うとうれしくなります。
そういう瞬間が職人冥利に尽きると言いますか、やはり「モノを作る仕事って良いな」と改めて思いますね。
職人の愛情も「付加価値」だと思っていただければ幸いです。
カテゴリー: お知らせ・つぶやき, 新着情報   パーマリンク