木工系女子!?

こんにちは。“木工系女子”児玉です

もう女子!?ではないかもしれませんが・・・・。

そんな事より、私も福山キッチンに入社して3年が経ちましたが、最近では第一工場と直ぐ隣の第二工場を行ったりきたりして主に検品をしています。

第二工場では最終工程の検品なのですが、最終工程の「検品」って責任重大ですよね。

毎日、検品漏れは無いか、不具合はないか不安で仕方ありません。

第一工場でも最終工程ではありませんが、検品をして後工程に流します。

この「検品」をいい加減にしていると、後工程に大変迷惑をかける事になるし、時間のロスにもなります。

そして塗装や加工前の検品も非常に大切です。

これはどの工程にも言える事ですが、各工程の検品が完璧であればどの工程もスムーズに作業が行え、たとえ不具合が起きても大事に至らないのでは?と思います。

以前は、ダメなら後工程から修理依頼がきて、塗り直せば良いだろうと安易な考えを持っていました。微妙な判断に困るものは特にそうでした。

ですが、最終工程の検品はこんな安易な考えではダメですよね。“もし、自分が買う立場になったら”こんな商品を買うなんて嫌ですよね・・・・。

上司にも「自分が買う立場になって考えてください」とよく言われます。本当、そうですよね!!なので検品をしていて微妙なところで迷ったら“自分が買うかどうか”で判断しています。

 http://www.youtube.com/watch?v=l61UdMgMAj4&feature=share&list=UUHiTDCFzPnVEd8NUnBNlWeg

その面では女性の方が細かいのでは?と思います。なぜなら「キッチン」は主婦の女性なら毎日立ちますし、とても大切な空間ですから!

なので女性の目線で細かな所まで気がつけるよう「検品命!」(古いかな・・)でこれからも頑張りたいです。

p・s「木工系女子」流行らないかな・・・

カテゴリー: お知らせ・つぶやき, 新着情報   パーマリンク