框組み扉のNCルーター加工

はじめまして、バイクとロックとキッチン扉が大好きなK.J“Ken”磨です。

機械加工と生地研磨と、最近では塗装も少しだけやっています。

簡単に紹介しますと、框組み扉の周囲の面形状をNCルーターに2Rや3Rや特殊な形状の刃物を付け、プログラムを入力して加工します。この時、仕上がりのサイズになります。

框組ルーター加工前 框組ルーター加工中 框組ルーター加工後

やっている事は結構単純なんですが、前段階に手間がかかります。

例えば、プログラム入力ではX軸やY軸等の数値を入力するのですが、数値を少しでも間違えると形状が図面通りにならなかったり、サイズが違ったり・・・(この瞬間いやな汗をかきます)。
一回間違えて加工すると元には戻らないので多少プレッシャーはあります。

ですので、プログラム入力が多い時など集中してやりたいので仕事中より朝早くとか皆が帰った後の人があまりいない時にやってます。

今の主流はフラット扉かもしれませんが、框組みの扉も上質感があり、無垢材の木のぬくもりも感じられてなかなか良いですので是非!!

他の作業の紹介はまたの機会に!!

カテゴリー: お知らせ・つぶやき, 新着情報   パーマリンク