緊張の連続

福山キッチンのカットマン溝下です

今回は木目合わせのキッチン扉を一度に何セットもご注文いただきました。

数セット全部で約500枚位のご注文で、1枚ミスするとそのセットは全て作り替えなので、確実にカットすることに時間が結構かかってしまいました。まさに緊張の連続です。

しかし今回は枚数のわりには、扉サイズのパーターンが少なかったので、定規をなるべく動かさないようにする(時間短縮)のと、カットミスを無くすために治具板①をセットし、扉と扉のチリ(隙間)分をカット→治具板①を外して2枚目をカット→治具板②をセットして3枚目をカットという感じでやりました。治具板のおかげで少しの緊張でおさまり、カットミスも無かったのでホッとしました。木目合わせは1枚だけのやり変えができないので、お客様のところで大事に使っていただけると嬉しいです!

カテゴリー: お知らせ・つぶやき, 新着情報   パーマリンク