親心??

最近、新聞のローカルニュースに写真が載った生地研磨担当の笠makoです。

 

去年の暮れにブログで紹介した事があると思うのですが、鏡面仕上げのエナメル塗装“框風”の作業をしています。

 

この仕様の扉はMDFをくり貫き、まるで框組み扉のようなデザインにしたキッチン扉です。鏡面仕上げは、製品のレベルを出す為に、研磨→塗装→研磨・・・と各工程で何度か繰り返して仕上げていきます。当然、時間と手間がかかるのですが、以前より大幅に作業時間が短く出来ているのではないかと思っています。

 

前回の作業での経験や反省点を活かすことで作業効率アップに繋がっています。勿論、自分以外の作業者の力も大きいですが。

今回の框風エナメル扉のように、特に研磨が難しかった物や苦労した物には、思い入れが強くて、出荷場で梱包されているのを見ると、「ああ、もう出て行ってしまうのね・・・」とちょっぴり切なくなりますが、達成感を感じる瞬間でした。

020pop ちなみに、今回の仕上がり色が珍しい色で、ポップな感じで場内の他の製品と比べても物凄く目立っていました。是非設置された状態を見てみたいです!センチメンタル笠makoでした。ではまた!

カテゴリー: お知らせ・つぶやき, 新着情報   パーマリンク