静電塗装機とAKB

お久しぶりです。福山キッチンの静電塗装機担当Kです

だんだん寒くなってきましたね。静電塗装機担当としてはシンナーの選定に頭を悩ます時期になりました。と、いっても過去のデータを基にすれば基本的に問題ないんですけどね。ただ、天然木に塗装しているので個々の特長に合わせて微調整はしないといけませんけど、その辺は長年の勘がモノを言うところではあります。

「てゆーか・・・・・静電塗装って何??」と思われるかたもいらっしゃるかもしれませんのでザックリ説明します。

静電塗装は「異質の電気は引き付けあう」という電気の性質、つまり全ての物質は+の電気と-の電気を持っていて、+と+、あるいは-と-は反発し合うが、+と-はお互いに引き合うという性質を利用しています。

まず塗装機の方に高電圧発生器で-の電気を発生させます。そうするとワークの表面には+の電気が集まろうとします。この時、金属のような電気の導体の場合はすんなりと+と-に別れますが、木材など不良導体の場合は水か何かの導体が必要です。木材の場合は多かれ少なかれ水を含んでいますので、この水が重要な役割をはたすことになります。そこでアースをとってやると-の電気だけが大地に流れ、ワークは+だけになり、効率よく塗装が出来るというわけです。

静電塗装は塗着効率が良い塗装方法とされていますが、動かせる最低ロットなどが発生してきますのでごく少ない枚数などに使用すると、逆に勿体無いことになってしまう場合もあります。昨今の小ロット化の流れの中では頭の痛いところではありますが、例えば濃色を素早く、綺麗に、ムラ無く塗装できる等、塗着効率以外にもメリットは枚挙に暇がありません。

さてここから本題、私の趣味の話をしましょう(笑)
今はAKB48の握手会に行くことが私の趣味というか楽しみです!

AKB48がみんな来てくれるわけではなく、スケジュール調整をして16人程度が来て、まず歌を3曲ほど歌って、そのあとトークをしながら握手会となります。前回は高橋みなみ、秋元才加、増田有華、梅田彩佳の4名と握手して嬉しかった~♪♪♪

11月にも広島でAKB48の握手会があるので、「今回は誰がきてくれるのか??」と胸を躍らせています。会場で見かけたら声かけて下さいね(笑)

カテゴリー: お知らせ・つぶやき, 新着情報   パーマリンク